屋久島 2017.6.8~11

6/8から11の3泊4日で屋久島へ行って来ました。

参加者: T中、F木、K崎、I垣、M田、O川、Y林

6/8(木) 晴れ

曇り空の小松駅から新大阪、伊丹空港、青空の屋久島へ移動。

レンタカーで屋久島一周。

海が碧くきれい!

西部林道でヤクシカ、ヤクザルに遭い、車窓から撮影会。

夕方、T中さんのお知り合いのお宅へお邪魔し素敵な時間を過ごす。

夕食は食堂「海の華」

地元の特産、飛び魚の開き、首折れさば、飛び魚の練り物の爆弾、見た目そっくり「亀の手」(貝でした)味わう。

夜は民宿「愛舟」で二次会。

翌朝は3時半起きだというのに寝たのは1時半。

 

6/9(金)晴れ

宮之浦岳 1867m

淀川登山口 協力金1000円を払って、5:45出発。

淀川小屋で一休み トイレと携帯トイレブースがある。

世界自然遺産なので、どこででも用を足してはいけません。

道は明るく歩きやすい。所々に大きな隙間のある階段があり、それがちょっと・・・

例年なら過ぎているはずのシャクナゲの時期が今年は遅れて、正に見ごろ。

最初は高い木だったのに、高度を上げるに従い木の丈が低くなっていく。

中間地点の花之江辺りからシャクナゲが目立つようになってきた。

(花之江)

 

濃いピンクの蕾、ピンクと白が混じった開いた花、そして最後は純白。

歩く先々で色鮮やかなシャクナゲが出迎えてくれる。

 

山頂近くになると変わった形の大岩がゴロゴロと点在しており、目を楽しませてくれる。

12時少し前に山頂に到着。

山頂からは海の向うの大隅半島、開門岳を見ることができ、改めてここは島だと思う。

下山は来た道を辿る。

途中、2名が黒味岳を登り、残りは花之江で昼寝を楽しむ。

 

ほぼ予定通り17時半頃登山口到着。

12時間ののんびり山行でした。

 

6/10(土) 晴れ

モッチョム岳944m (T中、K崎、F木、I垣)

白谷雲水峡 (O川、M田、Y林)

2班に分かれて行動、下山後合流。

白谷組は、民宿「愛舟」のおじさんに登山口まで送っていただいた。

 

下山後、モッチョム組と合流し、汗を流して食事へ。

 

6/11 暴風雨

千尋の滝、大川の滝、トローキの滝と滝めぐりの予定だったが、予想以上の荒天。

また、丸三日間の欲張り(いえ充実した)スケジュールと連日の宴会で寝不足の為、午前中は休養に変更。

その間も、屋久島と鹿児島間のフライトが中止になるなど、心配な空模様。

お昼頃からもう一つのお楽しみであるお土産の買出しに出掛ける。

屋久島は前述の魚以外にヤクスギの木工品、「三岳」などの焼酎、永田浜の塩、ぽんかん、たんかんなどの特産物がある。

銘々が目的の品を調達し、民宿に戻ってパッキングをして空港へ向かう。

待合室にいると、初日におもてなしをしてくださったHさんがお見送りに来てくださりまた感激。

18時のフライトの45分前に飛行決定の案内があり、もう一泊もあるか?と半分覚悟していた我々は胸を撫で下ろした。

スタートの小松駅から屋久島、そしてまた小松駅、最初から最後までドキドキワクワク、そして笑いの絶えない充実した素晴らしい4日間は終了した。

今回の山旅を企画されたT中さん、そして参加された皆さん、本当に有難うございました。

そして、屋久島でお世話になったチャーミングなHさん、民宿のおじさん、とても素敵な時間を有難うございました。

いつかまた行きたいです。

 

 

 

0 Comments