浅草岳 2017年4月2日

今回、義父のお誘いで久しぶりの山スキーで浅草岳に行ってきました。

前日に金沢を出て、越後須原泊でしたが、宿の周りにはまだ雪がたっぷり?豪雪地帯と言うことだそうで、雪国と言うことが感じられる。

朝、7時前に登山口となる大自然館に着いたが、すでに多くの車が駐車していた。朝は晴天で気持ちが良い。ただしその分、冷えていて、尾根に上がる急斜面は硬い雪で、スキーアイゼンのない私は、滑り落ちそうで、怖い。尾根上に上がると急な斜面も無く、シールだけで登って行けたので助かった。

上部は、雪庇が良く発達していて、景観がすごい。近くの守門岳も雪庇で有名と言うことで、いつか見に登って見たいと思う。

山頂前の前岳へ上がると魚沼市企画のスキーツアーがあったようで多くのスキーヤーが集まっていた。この時点で12時だったので、予定であった早坂尾根経由の周回は止めて、来たルートを引き返すことにして、ザックを置いて、浅草岳山頂へ。山頂は風が強く寒いが展望は360°あり、山々の連なりがかっこよい。

下りは、硬かった雪も緩んで、滑りやすく、あっという間に下山・・・登りは5時間もかかったのに下りは1時間半・・・

久しぶりの山スキーで足元が重く、背中も重く・・登りに時間がかかったが、展望も良く、滑りもそこそこ楽しめて、面白い山でした。今度は是非周遊したい。。

 

0 Comments