2017年12月30日~2018年1月1日 別山~チブリ避難小屋まで

メンバー:I、他6名(チャムラン2名、めっこ3名、長野労山1名)

12/30 6:00白峰ゲート~11:30市ノ瀬~13:20猿壁登山口~15:30テント設営とルート作り

12/31 5:30猿壁登山口~12:00チブリ避難小屋~14:50猿壁登山口

1/1  7:30猿壁登山口~8:00市ノ瀬~13:20白峰ゲート

先日、遠見尾根でラッセル訓練をしたメンバーでお正月の別山を目指しました。

1日目。とても天気がよく、市ノ瀬まではスキーのトレースがあり長い林道をスムーズに歩けました。

市ノ瀬からは新雪の深いラッセルとなり、猿壁登山口まで時間がかかってしまいました。今日はここでテントを張って、トレース作りをして翌日に備えることとなりました。

この日はまだ青空が見えていました。

 

2日目。暗いうちに出発です。トレースの有難さを実感しながら歩きました。その後は空身ラッセルを交代で。稜線に上がると風もあり、一面真っ白で周りも見えず、不安なところに赤布を立てました。コンパスとGPSで現在地を確認しながら小屋を目指します。やっと小屋に到着。その先も真っ白です。翌日の天気を再度確認し、現在の状況や今後の天候を考慮し、とても残念ですが今回はここまでということになりました。今後もさらに天候が荒れそうなのでこのまま下山することにしました。結局同じところに戻ってきてテント設営。夕方から雨まじりの雪が降り、外張りのないテントは水浸し…。めっこのKさんが持ってきたスポンジタオルが大活躍です。就寝頃には雨も止み、テント内も少しマシになりました。

近いのに小屋が見えない…

3日目。市ノ瀬から長い長い林道の歩きです。青空が見えると何となく悔しくなりますが、やはり変わりやすいお天気です。今回は仕方なかったなあと自分に言い聞かせながらの歩きとなりました。

残念ながら登頂はできませんでしたが、本当に多くのことを学び考える貴重な経験となりました。

ありがとうございました。

0 Comments