雪いっぱいのブナオ山 2017年1月25日

メンバー:Yさん、Sさん、I、他一名

コースタイム:7:00林道そばの駐車場~7:30発電所~10:20水槽~12:30標高830m付近12:50~13:30発電所~14:00駐車場

ここ数日の降雪で、どこまで進めるかわからないけれど行けるところまで行ってみよう!ということで出発しました。

林道の始めからワカンを装着し、吊り橋では板が抜けているのではないかとひやひやしながら渡りました。導水管の横に続く長い階段は勿論雪に埋まっており、ひたすらラッセルなのですが、初心者の私はなかなか進めません。せっかくみなさんが作ってくれた道も沈んで崩してしまう状態。ゴメンナサイ・・・。ストックの使い方、膝やワカンの蹴りこみ方を後ろからアドバイスをもらいながら本当に少しずつ距離を伸ばしていきました。4人で交代でラッセルしますが進まず・・・それでも後ろを振り返ってみればなかなかの傾斜の斜面が広がっており、怖がりの私は転んだら滑落しそう・・・と思うほどでした。

こんな中ですごいなあと実感したのが、このラッセルという進み方です。普通に歩いたのでは一歩も進めない状況でもストックを利用し足の動かし方を変えるだけで少しずつでも進めるものなんですね。小さな一歩、だけど積み重ねれば着実に距離を延ばすこともできる大きな一歩になることを改めて感じながら無心になって進みました。

そして今回、人数の大切さも実感しました。一人の力ではなかなか進めないけれども、みんなで交代して進んでいけば何倍もの力になる。それでも今回はほとんど登れませんでした。雪山はそれだけ条件や見極めが大切だということも教えていただきました。

登頂には全然届きませんでしたが、時折のぞかせる青空と、周囲のきれいな山々と、そしてみんなで過ごす、この素敵な時間。

どうしてこんなに寒い中わざわざ雪山に行くんだろう、と思いながらも、こんな景色と時間を過ごせることを知っているから、また雪山に行きたいと思うんだろうなと納得してしまう、そんな一日でした。

今日も一日、ケガもなく楽しい素敵な時間を過ごすことができました。

ありがとうございました。

 

0 Comments